2019年度 定例会

第5回12月28日 21時~22時

 今回は7名の参加がありましたが、テーマを掲げずフリートークにて会話も進まず22時にて早めに終了しました。

 年末のお忙しい時期に、ご参加いただき感謝です!

第4回11月18日 22時~24時

今回は、土曜の遅い時間からスタート。

カラーシャンプーやトリートメントなど、まだまだ使い方に疑問が残る人も多いと思います。

白髪染めの色落ち「オレンジ問題」オレンジよりも赤のほうが落ち着いて見える部分で、受け入れられるのかも。

色落ちの色味の問題は、じつは気にされている人は少なくないと思います。

ジアミン・カラートリートメント・ダメージ・使い方、白髪のサプリ

長く白髪とお付き合いしていると、白髪サプリにも即効性が期待。。。「効果があっても成果なし」は一度は経験されているご様子です。

ヘナも天然のイメージですが、多くはジアミンを加えたミックスヘナが主流。天然は「明るいオレンジ色」にしかならないため、同じ天然成分「インディゴ」との併用も活用されています。

遅い時間の開催にも関わらず、話が途切れることなく2時間で終了です。

アレルギーの問題から、白髪サプリのお話まで幅広くありましたが、理解も経験も皆さん様々。

その分誤解や間違った情報が「世間の常識」になっているような部分も感じた会でした。

第3回10月21日 21時~23時

今回のテーマ

  • セルフカラーの悩み
  • アッシュカラーの白髪染め
  • ヘアマニキュアってどう?

今回は「セルフカラーの基本」のお話から。

美容師の当たり前は良くも悪くもセルフカラーの当たり前にあらず。ウエットかドライどちらで塗るのか?ブロッキングは?

白髪染め(ロング用)

ロングヘアの場合の美容院とのコスパ比較

全体染めのみの美容院の活用法

ヘアマニキュアの色残り問題

今回は天皇即位の儀を明日に控えた平日月曜日の開催、台風19号の被害のある中11名の参加となりました。

「セルフカラーの基本」はカンペキを求めることにあらず。自分流に美容師も感心するセルフカラーならではの皆さんの工夫に学ばさせられます。

世代別の髪の悩みに対する縮毛矯正の提案が、相談も含め多い風潮は今後のセルフカラーとの併用の影響を考えていく必要を感じました。

美容室でも思った色にならない

ロングならセルフのほうが料金高くなる、、、

技術不足での美容室離れ以外にも、10月からの消費増税もあり冷静な美容院の活用法も参考になりました。

流行りのカラー

くせ毛も染まりやすいカラー

プロの技術を前提とした上で、顧客視点をわかりやすくアピールしてほしいですよね!

台風被害もあった中、皆様のおかげで少人数でも楽しい会とすることができました。セルフカラー協会として今後支援をしていける協会のあり方を目指したいと思います。

また、インターネット(オンライン)という環境の利点として、老若男女が「白髪」というキーワードで繋がり交流が持てる環境が作れたことを、とても嬉しく感じた会となりました。

第2回9月29日(日)21時~23時

今回のテーマ

・白髪と仲良く付き合う方法

・普段のシャンプー・リンスと色持ち

・顔周りの染め方

・明るい白髪染め

・白髪染めの工夫

第2回白髪染め定例会

お京さんの「突然のライブ映像」から始まりましたが、塗る前からリアルに変化がわかるのはみんなワクワクしますよね。セルフカラーをよく理解してされている上級者さんです。

”隠そうとすると暗く、伸びると目立つ”明るめのアッシュに皆さん苦戦している模様。。。

第2回白髪染め定例会

スカルプシャンプーを1週間避ける クリームシャンプーが合う・合わない

皆さんお年頃の抜け毛の話題に。頭皮マッサージなど独自のケアもいろいろ。

”色々ごまかさないと、時間とお金ばかりかかります。。。”

「ここにいるみんなが互いの応援団」って嬉しい言葉ですね!

”男性の白髪は、かっこよく映える方が多いのに、女性は白髪だとみっともないと言われるのはなぜですか?”

男性は「ショートカット」「清潔感」が功を奏している模様。

”接客業ではお客様的にだめだと言われる””女性は世間的に若さが求められる”

職場環境やTPOはもちろんあると思いますが、令和時代でも個性や髪色の受け止め方は幅が広くなっても様々。

白髪のサプリメントの話題は「優良誤認」問題が中心。

成分として有効なら、過剰な宣伝広告や煽りの広告がマイナスに働くと、結果すべてが悪く感じてしまいますよね。。。

即効性を感じて白髪が改善するものでない以上、公に対する信頼感を裏切るようなことはすぐに広まってしまいます。

白髪を「マッキー」で塗って隠す!!!斬新ですが悪くないのかも??

「光で染める」タイプの白髪染めのデメリットは以外に知られていないようです。これは美容師もプロフェッショナル用として取り扱うことの少ないタイプの白髪染めになります。

インターネットの発達により、Amazonや楽天など様々なヘアカラー商材も購入できますが、簡単に購入できる弊害もJSHAでは考えていきたいと思います。

第2回白髪染め定例会

今回は30名参加の定例会でした。<白髪と仲良く付き合う方法>は難しいテーマでしたが、総じて”仲良く付き合っている人達”は「白髪を理解すること」に前向きで「白髪を染めることを楽しんでいる」楽しめることはとてもエネルギーの必要なこと。今後も継続して前向きな会を進めていく必要性を強く感じました。

第1回9月15日(日)21時~23時

今回のテーマ

  • セルフカラーする時にあると便利な道具
  • ダメージケアについて
  • セルフカラー後の色落ち(タオル・洋服)

<セルフカラーであると便利なもの>

百均で揃える

使い捨てキャップ・イヤーキャップ・刷毛・タオル・ビニールケープ・手袋

<顔周りのクリーム>

オロナイン軟膏・タイガーバーム

三面鏡(平置きタイプ)バスルームの鏡 布団乾燥機の温度

<ダメージケア>はカラートリートメント

<色落ち>の難点 

色・柄物のタオル

汗の色落ち解決したい、白い洋服きたい!

ドラッグストアの美容部員さんに男性用カラーを買うのを止められた話。

今回は3連休中日の開催で、参加者も12名ほどの少人数の定例会となりました。

セルフカラーひとり1人に「あたりまえ」の基準の違いがあり、三面鏡のイメージや活用の違いから、普段の染め方の細かい部分などじっくりと時間をかけたい「テーマ」の必要性も感じた会でした。