マロンマインドカラー

ヘアカラー(ジアミン系染料)によるかぶれでお困りの方に。天然植物染料を配合した非酸化染毛剤。ジアミン系染料によるアレルギー性皮膚炎を起こす心配はありません。

価格(参考価格) 800円
容量 140g(1剤70g2剤70g)
薬液タイプ クリーム
香り ツンとする刺激臭なし(混ざると鉄っぽいニオイ)
容器 トレー型
付属品 手袋・コーム
発売日 1956/山発産業株式会社

N 自然な黒褐色

1・2剤を混ぜて使うタイプの白髪染めに多く含まれている「ジアミン系染料」を含まない白髪染めです。

 

明るさと色味はB・S・Nの3種類。

 

スギやヒノキの花粉症アレルギーと同様に、ジアミンは白髪染めアレルギーの代名詞になっていますね。(美容師パパもジアミンアレルギー)

 

マロンマインドカラーは「非酸化染毛剤」といって、普通の白髪染めとは染める作用がちょっと違います!(塗り方も!)

色味と明るさだけで判断しないこと

 

 

美容師パパも美容院では使用したことがありませんでした。

 

マロンマインドカラーの特徴は
  • 黒髪は明るくならない
  • 繰り返しの手ざわりゴワゴワに注意(リタッチにして全体染めを繰り返しすぎない)
  • 独特のニオイ(鉄のような、硫黄のような。。。)
  • 色落ちは通常の白髪染めよりも早い(白髪部分はヘアマニキュア程度)
ヘナと比べると。。。
  • ヘナは薬草のような香り マロンは硫黄 鉄分の香り
  • ヘナもパーマのかかりに影響しますがそれ以上にマロンは注意が必要
  • 他のカラー剤に変更するときはヘナもマロンも美容師と要相談です。(自己判断で失敗した場合、美容院でも修正不可能な場合があります。)
おすすめしたい人は。。。
  • 美容院でカットのみ(パーマ・カラーを今後する予定がない人)
  • マロンマインドカラーだけを使い続けること(チェンジは美容師に相談)
  • アレルギーのこまめな部分染めに(リタッチなら手触りもOK)

植物性染料だから、頭がかゆいからと気軽にお試しで使うのは、美容師パパはおすすめできません。

 

でも

 

ドラッグストアで必ず見かける「マロンマインドカラー」
アレルギーでつらい思いをしている人の選択肢の1つになると思います。

出典:美容師パパの「マロンマインドカラー」色の確認

 

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。