ブローネ らく塗り艶カラー

自宅染めのために新開発された、らく塗りブラシと乳液のようによく伸びるミルキークリームで、髪全体を簡単に塗ることができ、艶やかな美しい髪色に仕上げます。毛髪保護成分としてローズヒップオイル、椿オイル、オリーブオイルを配合。気になるニオイをおさえた、やさしいフローラルの香り。

価格(参考価格) 645円
容量 100g(1剤50g2剤50g)
薬液タイプ クリーム
香り やさしいフローラルの香り
容器 トレー型
付属品 手袋・ブラシ・コーム(専用らく塗りブラシ)
発売日 2015/3/14

 4 

 ライトブラウン

3R 

ロゼブラウン

3C 

キャラメルブラウン

ブローネのらく塗りブラシの付いた白髪染めです。

 

毛髪保護成分としてローズヒップオイル、椿オイル、オリーブオイルを配合。気になるニオイをおさえた、やさしいフローラルの香り。手にフィットする「らく塗りブラシ」と乳液のように伸びて根本に密着するミルキークリームが特徴。

 

ミルキークリームはエマルジョン(乳液)よりは硬いクリームタイプ。液垂れはしないぐらいなので根本のリタッチにも使えます。

 

香りが青りんごの薬のようなニオイで好き嫌いは分かれそうですね。
香りは同じブローネの香りと艶カラーと似ていますがコチラのほうがツンとくる刺激は強めです。

 

らく塗りブラシの特徴は、市販の白髪染めコームの中ではハケが長めな所。美容師は慣れているので使いやすいのですが。。。使い慣れているかが大切な気がします。
コームの柄部分がないため、ぴっちりタイプの手袋は操作性を上げるのに必要ですね。

 

ブローネらく塗り艶カラーは暗めからやや明るめのリタッチ・部分染め・全体染め向きの白髪染めですね。

 

100グラムありますがリタッチならギリギリの量、全体染めには足りない量です。

 

ブローネ香りと艶カラーと色は同じ?

 

らく塗りは全体的に暖色よりで明るめに強い印象です。(※1番は香りと艶カラーにはありません)

 

  • らく塗り艶は 明るい1~暗い6
  • 香りと艶は 明るい2~暗い7

つまり
同じ4番でもらく塗りは暗めの設定になっているかと思います。(3・2・1番は明るい染まり)

 

同じブローネでも

 

香りと艶カラーから選ぶ場合は5番以下の少し暗めの色から選ぶほうが、失敗は少ないかと!

 

カラーチャートから読み解くと
らく塗りブラシの使用から全体染めも考慮して「明るい色は全体染めにも」「暗い色はリタッチに」で4番から明確に線引きしやすい気もします。

 

美容師パパは
白髪が多く、特に白髪をしっかり染めたい人に「リタッチ」の使用で良いかと思いますが。。。

 

他と比べると、総じて全体的に「暗め」の印象が強いブランドです。

 

パッケージのモデルさんの髪色より暗く染まるのはお忘れなく!

出典:美容師パパの「ブローネ らく塗り艶カラー」色の確認

 

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。